ゴルフ初心者がレッスンなしで100切りスコアを出すには?

100切りで最も重要なことはメンタル操作!?

よいイメージがナイスショットに繋がる!?

「武道家ゴルファーが考える最短、最小費用での100切り戦略」におきまして私がなぜ短期間で
100切りを達成したかの大きな要因は長年私がやって来た武道の修練かもしれませんと述べ
ました。

 

それはそれで私の持論としてはあるのですが、最近90切りも度々達成できるようになり、多いに
感じていることがあります。

 

それは「メンタルが大きく身体操作に影響を与える」ということです。

 

日頃様々な方とラウンドをしますが、その中でかなりの素人さんと回ることがあります。

 

誰でもそうでしょうが、ラウンドの途中で指導を受けると頭が混乱したり、不快な思いをしたり
してその後のプレーがおもしろくなくなるようなこともあり得るかと思います。

 

私自身はあまり人に指導をすることは少ないのですが、時々アドバイスすることが
あります。

 

その際には「肘の角度がこう」とか「テイクバックはこうやって」「脇を締めて」
等々のテクニカルなことは殆ど言いません。

 

むしろ、イメージを湧かすような表現でアドバイスすることがあるのですが、意外と
そのようなアドバイスを素直に行ってもらうといい結果を招くことが多々あります。

 

最近90切りを達成した時に振り返りますと、極力マイナスイメージがなく、素直に
思ったことがスイングで表現できますとナイスショットが出る確率が非常に上がって
おります。

 

合気道の「気」ではありませんが、クラブを振る時には極力想像力を働かせ、いい
イメージを抱いた中でショットすべきかと思います。

 

100切りで最も重要なことはまずはメンタル操作なのかもしれません。

 

 

武道の世界でも「心が技を生む」ような表現をよくします。

 

中国武術の世界の秘伝の教えなどは秘訣を歌として伝えたりします。

 

歌詞を読むことで弟子は「想像」をします。しかも画像として想像します。

 

想像をもとに技を発すると「相手に効く技」を発揮できるのです。

 

武道でもゴルフでも同じですね。

 

練習場での打ち込みの時の一打一打にもイメージを抱いてショットすることは、無造作に打つ
一打とは雲泥の差が出てきます。

 

せっかくの練習を更に効率よいものにして行きましょう。

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ