ゴルフ初心者がレッスンなしで100切りスコアを出すには?

2017年

2017年は苦しみました。平均スコアダウンするもティーチングプロの出会いあり!

2017年が終了しましたので成績結果を記録します。

 

■2017年平均スコア 95.00

 

年間ラウンド数はここ6年の中で最も多い32回を記録しました。

 

しかしながら残念なことに2017年の平均スコアは2016年の93.77から
1.23スコアダウンの95.00となりました。

 

2017年の7月頃まではラウンドする度にスコアが気になることが多々あったことを
含め、このままではだめだと感じ、生まれて初めてティーチングプロの教えを受ける
ことにしました。

 

その後すぐにスコアアップにはなりませんでしたが、2017年のベストスコア85も
レッスン後出すことができたり、プロから教わったポイントをラウンド中のテーマとして
やっていきますとだんだん楽しみが出て参りました。

 

また個人的には職場が兵庫県から北海道に転勤の為に変わりましたので
2018年のゴルフライフが更に楽しみになってきました。

 

■2017年データ分析

 

・ベストスコア  85

 

・2017年80台が出た比率 15%(2016年19%からダウン)

 

・ワーストスコア  107

 

・90台が出た比率 62%(2016年は51%)
内、90〜94が出た比率  28%(2016年は35%)
  95〜99が出た比率  28%(2016年は16%)

 

・100台が出た比率 21%(2016年は24%)

 

次にスコア以外の分析です。カッコ内は2016年のデータ

 

フェアウェイキープ率 42.1%(43.9%)

 

・パーオン率 31.08%(31.18%)

 

・サンドセーブ率 19.7%(8.9%)

 

・リカバリー率 8.6%(10.2%)

 

・1ホールの平均パット数 2.07(2.1)

 

・パーオン時の平均パット数 2.23(2.3)

 

ティーショットの精度、セカンドショットの精度は2016年とあまり変わりあり
ませんでした。

 

最も変化があったのはサンドセーブ率です。

 

良く言えば「しのぐゴルフ」が多少できるようになったということでしょうか。

 

また、パッティングの数値が少しだけよくなりました。

 

これはまさにティーチングプロからラウンドレッスンを受けた際にアドバイスして
頂いたことを行っているとパットの精度が少しづつ良くなってきている実感も
あり、結果として数値も良くなっていました。

 

2017年はいずれにしましても苦しい感覚が残った年でした。

 

プロの教えを請い新たな飛躍が2018年にできるかどうかは効率よく、できるだけ
自分で考えながら練習することだと思っています。

 

関連ページ

2012年
ゴルフ初心者が最短で簡単に100切りスコアを出すには?武道鍛錬法をヒントにスイングの基本をレッスン不要の自宅練習でマスターしよう!
2013年
ゴルフ初心者が最短で簡単に100切りスコアを出すには?武道鍛錬法をヒントにスイングの基本をレッスン不要の自宅練習でマスターしよう!
2014年
ゴルフ初心者が最短で簡単に100切りスコアを出すには?武道鍛錬法をヒントにスイングの基本をレッスン不要の自宅練習でマスターしよう!
2015年
ゴルフ初心者が最短で簡単に100切りスコアを出すには?武道鍛錬法をヒントにスイングの基本をレッスン不要の自宅練習でマスターしよう!
2016年
ゴルフ初心者が最短で簡単に100切りスコアを出すには?武道鍛錬法をヒントにスイングの基本をレッスン不要の自宅練習でマスターしよう!

ホーム RSS購読 サイトマップ